お久しぶりに出勤しておりました
思ったより寒くて
コート類はぎりぎりまで必要ですね
土曜日お越し下さった方々
ご予約、ご指名頂いた皆様
楽しい時間をありがとうございました
休暇中の事件と言いますか
犬の手術を行いました
マルっと言えば
「子宮と良性のしこりを取れば完治」なので
年齢は9歳なので全身麻酔に耐えれる
うちに手術しましょうかと
非常に優しく、診断も適切な
いつも通ってる先生にお願いしました
この信頼すべき獣医さん
とにかくコワモテ
六角直政さん似で、犬猫大好きらしく
採血しても、注射しても
「偉いね〜大人しいね〜可愛いでしゅね〜
と、ギャップが萌える前にびっくりして
ついつい飼い主もにっこり
いい先生だ〜
さて週中に迎えに行ったら
診察室のパソコンにバーンと写し出された
犬の切除部位の写真
な、内臓だ〜!完全に内蔵だ〜!
凝視しまくっていた私に
コワモテ先生が真顔で
「あ、切除した部分持って帰りますか?」
卒倒寸前な私に
先生はにっこりとしながら
「冗談ですよ〜わんちゃん連れてきます」
お医者さんのブラックジョーク
六角バージョン、恐るべし
犬は今は元気に走り回ってます
明日も出勤予定です